HOME | 有田焼とは

日本を代表する磁器『有田焼』


有田焼とは


有田焼の原点〜泉山採掘場跡地

有田焼の原点
有田焼の原点は1592年(文禄元年)の豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、有田を含む肥前の領主鍋島直茂が日本に連れてきた陶工李参平によって 1616年に有田・ 泉山で磁石を発見し日本初の白磁を焼いたのが有田焼の始まりと言われています。それから約400年、有田の町では焼き物を主要産業とし発展してきました。

有田焼の特徴

硬く丈夫で、透明感のある白磁に、藍色や赤・黄・金など鮮やかな色が繊細にほどこされているのが特徴です。
有田には海がないため、有田で作られたやきものは一番近い港である伊万里港から積荷がなされていたため、「有田焼」ではなく「伊万里焼」と呼ばれて、その名を世界に知られるようになります。
現在では有田周辺で製造される磁器を有田焼と称し、多くのやきものファンに愛されています。


陶器と磁器の違い

有田焼の原点
陶器と磁器の大きな違いは、その原料となる粘土の違いです。
<陶器>
カオリンを含まない粘土(土質)を低温で焼いて作られる。
原始時代の土器から始まる。土もの暖かい味わいやごつごつした表面の素朴の風合いが特徴
<磁器>
石質即ち長石が主成分を成している磁土を高温で焼く
北宋(960~1126)の景徳皇帝の時代(1004~1007)
石もの ひんやり感のある白くガラスのような滑らかさ硬質さが魅力いくつかの窯跡から磁器と陶器が熔着した資料が出土していることから、磁器が誕生したすぐの初期の頃は、磁器も陶器と同じ窯で焼成されていたことが分かります。
有田焼は日本の代表的な磁器として知られています。

 

トップページへ ▶